組合の主な活動(平成30年度)

Ⅰ 基本方針

1.経営の安定

2.組織の強化

3.需要の拡大

以上の三本の柱を骨格として、本年度は次の事業を推進いたします。

Ⅱ 実施事項

1.振興事業の実施

(1)「めん類飲食店の標準営業約款制度」登録への周知並びに実施

(2)「麺類飲食店賠償責任共済」加入促進

・標準約款の損害賠償の条件に満たします。

2.共同経済事業

(1)学校祭出張販売(県立白楊高校)

 3.教育情報事業

(1)経営の合理化、近代化及び調理技術の向上のための研究講習会

(2)日麺連テーマ「麺は元気な健康食」を30年のテーマとする。

(3)県内産玄蕎麦の生産推進と栃木県そば流通安定への参画

(4)月刊誌「麺」及び麺業生衛新聞の購読

(5)原材料情報、その他組合員が必要とする情報

(6)組合員と協力商社との情報交換会

(7) 「とちめんだより」の発行

4.福利厚生事業

(1)組合員及びその家庭、従業員に対する福利厚生対策

(2)一般共済取扱い事務

(3)日麺連共済取扱い事務及び加入促進

(4)麺類飲食業国民基金の加入促進

(5)総合保険医療制度の加入促進

(6)自動車保険・火災保険「集団取扱い」制度の利用促進

5.生衛法に関する事業

(1)小組合制度に対する研究、指導、育成

(2)栃木県生活衛生営業指導センターの利用

6.生活衛生貸付(振興事業による運転資金1億5,000万円、設備資金5,700万円)、生衛改善貸付(無担保、無保証人による運転資金、設備資金1,500万円)の審査及び利用促進

7.生活衛生貸、経営改善貸付の融資条件改善交渉

8.新規及びアウトサイダーの加入強化

(1)組合加入のチラシを作成し健康福祉センター等関係施設に置き加入促進をはかる

(2)新規開店情報を活用し組合加入のチラシを送付する。

9.消費者対策

(1)飲食店営業活性化の推進(指導センターによる)

(2)消費者代表との意見交換の開催(消費者懇談会)

(3)後継者育成支援による体験学習(出前講座)の実施

(4)地域ふれあいたすけあい事業の実施

10.日麺連・全麺生連事業への積極的協力

(1)第84回全国麺類飲食業者埼玉大会への参加

・平成30年11月6日(火)

・さいたま市 大宮ソニックシティー

(2)第34回そばの花観察運動に協力

11.その他事業

(1)施設慰問

(2)婦人部の結成

12.日麺連関東ブロック栃木大会の実施

(1)開催日:平成30年7月4日(水)~5日(木)

(2)開催場所 鬼怒川グランドホテル